メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 1区を制したのは宮脇千博選手 実業団駅伝

<<   作成日時 : 2013/01/01 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のニューイヤー実業団駅伝の1区を制したのは世界を目指す若い宮脇千博選手(トヨタ自動車)でした。

タスキをつないでゴールへ持って行く各区間のかけひきも駅伝の醍醐味ですが、優劣がはっきり見える1区のバトルは、また別の楽しみがあります。

スタートから飛び出したピッチの宮脇に、実力者のストライド大西が付き、7キロ過ぎにスパートした宮脇が歯を食いしばって快走。花の1区をものにしました。素晴らしい走りでしたね。

1、宮脇千博(トヨタ自動車) 34分48秒
2、大西智也(旭化成)    35分16秒
3、木滑 良(三菱重工長崎)35分19秒

JFEスチールの高瀬泰一が6位、ケガからの復活が期待された北村 聡(日清食品G)は31位でした。

 (群馬県庁―高崎市役所 12、3キロ 37チーム)

総合結果

1、コニカミノルタ   4時間51分32秒 5年ぶり7回目の優勝
2、トヨタ自動車九州 4時間55分24秒 (過去最高)
3、カネボウ      4時間55分25秒

4、ホンダ 6、SUBARU 9、日清食品G 10、旭化成 12、富士通 20、JFEスチール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1区を制したのは宮脇千博選手 実業団駅伝 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる