メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 何処までも追って来るドーピング違反 アテネメダリスト4人失格

<<   作成日時 : 2012/12/08 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野口みずき選手が金メダルを獲得し、多くの日本選手が活躍した2004年アテネ五輪。その陸上競技のメダリスト4人がドーピング違反で失格となった。

こっそり薬で勝とうといったってそうはいかない。薬の力で参加されては、公平であるべき競技が成り立たないのだ。

IOCの薬物再検査で失格になったのは次の4人。

ユーリー・ビロノク(ウクライナ)男子砲丸投げ金メダル

スベトラーナ・クリベリョワ(ロシア)女子砲丸投げ銅メダル

イワン・チホン(ベラルーシ)男子ハンマー投げ銀メダル

イリーナ・ヤチェンコ(ベラルーシ)女子円盤投げ銅メダル

筋肉増強剤の使用が、保存していた検体で明らかになった。

ドーピングは後追いとはいえ、技術が進んでおり、執拗に追いかけて行くから、逃げおおせないということを肝に命ずるべきだ。国際オリンピック委員会の努力に感謝したい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何処までも追って来るドーピング違反 アテネメダリスト4人失格 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる