メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 1区はロバートソン 2位大迫 国際千葉駅伝

<<   作成日時 : 2012/11/24 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

男女混合国際駅伝レースの千葉駅伝1区5キロを誰が制すか。

学生選抜の大谷遼太郎が引っ張る展開で競技場を飛び出し、

終盤ロンゴシワ(ケニア)ロバートソン(ニュージーランド)

大迫(日本)ニコラエフ(ロシア)の4人に絞られた先頭集団から、

残り900Mで大迫と長身選手ロバートソンの争いになり、

大迫はわずか2秒差の13分31秒で2位でした。

6月の日本選手権1万Mで佐藤悠基に及ばず、

ロンドン五輪を逃した大迫選手は大学駅伝でも好調を維持し、

この駅伝でも元気いっぱいなファイトを見せてくれています。

ナイスですね。

画像


        画像は日本選手権1万M決勝 左2位大迫 右優勝佐藤

1、Z・ロバートソン(ニュージーランド)13分29秒

2、大迫 傑(日本)13分31秒

3、E・ニコラエフ(ロシア)13分37秒

4、G・マーティンスン(カナダ)13分50秒

5、田中佳祐(千葉選抜)13分57秒

6、T・ロンゴシワ(ケニア)13分57秒

7、大谷遼太郎(日本学生選抜)14分04秒

8、H・K・フロイスタッド(ノルウェ―)14分04秒

9、J・ストラング(アメリカ)14分06秒

10、L・パルシュジンスキ(ポーランド)14分11秒

総合結果(6区間42、195キロ 15チーム)

1、ケニア
2、日本(大迫 吉川 窪田 尾西 上野 新谷)
3、アメリカ
4、ロシア
5、日本学生選抜
6、カナダ
7、ニュージーランド
8、千葉選抜
9、ポーランド
10、ルーマニア

(雨 9、0℃ 92% 北東の風4、0M)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1区はロバートソン 2位大迫 国際千葉駅伝 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる