メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 桐生祥秀が日本ジュニア新 ぎふ清流国体陸上100M 10秒21

<<   作成日時 : 2012/10/05 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ぎふ清流国体の陸上競技1日目(10/5 長良川競技場)少年男子A100M決勝で、桐生祥秀選手(洛南高2年)が10秒21の日本ジュニア新記録をマークしました。

おめでとうございます。

ライバルと思えた橋元選手をぐいぐい引き離すような感じの素晴らしい走りっぷり。風は舞っているようでしたがレースではほとんど無風。自己記録はもちろん、高校記録・大会記録も一気に塗り替えてしまった会心のレースでした。

<少年男子A100M決勝>

1、桐生祥秀(京都、洛南高)10秒21 日本ジュニア新

2、橋元晃志(鹿児島、川薩清修館高)10秒42

3、魚里勇介(兵庫、瀧川二高)10秒58

4、小池祐貴(北海道、立命館慶祥高)10秒60

5、金森和貴(島根、松江北高)10秒62

6、渡邊壮史(岡山、岡山工高)10秒68

7、諏訪達郎(三重、四日市工高)10秒71

8、川上拓也(千葉、東海大浦安高)10秒74

(+0、1M)

(大会記録 宮田英明 10秒27 高校記録 大瀬戸一馬 10秒23)

メモ 少年A=高校2・3年 少年B=中学3年・高校1年





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桐生祥秀が日本ジュニア新 ぎふ清流国体陸上100M 10秒21 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる