メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマノカンソウ 『ドラゴン・タトゥーの女』

<<   作成日時 : 2012/02/28 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
面白かった。スティーグ・ラーソンの本と

ほぼ同じストーリー展開なので安心して観られた。

「セブン」のデビッド・フィンチャー監督だから

よもや外れはないはずとの予想も当たった。

ただヒロイン・リスベットの印象が

大きく異なったら困るなという思いもあったが、

これはルーニー・マーラが見事に演じきって

(何とアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた)

この先、

本を読み進める時のリスベット像を決定するものになった。

ヒット小説の映画化はあまり好みじゃなく、

避けてきたきらいはあるが、

今では映画の大半がそうだから、どうのこうのと選べる時代じゃない。

小説ではゆっくりした空間が一つの味になっているが、

独特のおどろおどろしいデビッド・フィンチャー監督の演出は、

テンポがよくて時間を忘れさせた。

監督:デビッド・フィンチャー

キャスト:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、

      クリストファー・プラマー、ステラン・スカルスガルド

2011年アメリカ映画



★★★★☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シネマノカンソウ 『ドラゴン・タトゥーの女』 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる