メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェールズ魂 W杯ラグビー準々決勝

<<   作成日時 : 2011/10/17 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主将で7番のウォーバートンが

開始18分に危険なタックルで一発退場したウェールズは、

ウイングのロバーツがスクラムに入った。

当然圧力bPの強力フランスはそこを執拗に突いてくる。

へとへとになったロバーツだが、

一旦ボールをつかむと鮮やかなステップを踏んで突進する。

その気迫が表すように、

14人のウェールズは一人シンビンかの様に平然としてフランスと渡り合った。

8:9で破れたとはいえ、ウォーバートンが身を持って表現したように、

相手が裏返しになるまでタックルする気持ちがチームに浸透していた。

いい試合をみせてもらった。












ラグビー・ワールド・カップ’95・オフィシャル・アルバム
クアトロ
オムニバス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラグビー・ワールド・カップ’95・オフィシャル・アルバム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウェールズ魂 W杯ラグビー準々決勝 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる