メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS アリソン・フェリックス in テグ

<<   作成日時 : 2011/09/03 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アリソン・フェリックス(米)に注目が集まるのは仕方がない。足が細くて長く、速いばかりでなく、おしゃれでもあるからだ。168cm 57kg。まだ25歳。ホントかなというほど以前から見ている感じ。

大阪世界陸上を長居競技場のナイターで見たアリソンは、まだ21歳だったのだ。本来は200Mの選手だろうが、リレーでは4×400で何度も観ているものの、400Mの本格参入はこのテグ世界陸上が最初ではないだろうか。

その400M決勝はモンショウ(BOT)に100分の3差で優勝をのがした。前半を抑え過ぎたから追いつけなかったという人もいるが、勝負はあと5Mあったら、というほど甘いものじゃない。負けは負けだ。

それでも大舞台で自己ベストの49秒59(従来は49秒70)をたたき出した底力にはけた外れの才能を感じる。

世界は1985年の東独・M、コッホの47秒60だから次元の違う世界で、今では参考にもならないのだが、アリソンがこらからも一時代を築いて行く予感は十分だ。

丁寧に編み上げた長髪をポニーテールに結び、風になびかせて。

一方得意の200Mは3位に沈んで22秒44(自己ベストは21秒81)。4連覇はならなかった。

人は400Mの疲れというが、筋肉WOMENのキャンベルブラウン(ジャマイカ 22秒22)とジーター(米)に完全にしてやられた。これは悔しかったろう。

ファンはどちらでも観たいのだが、アリソンにとって400Mの後、200Mも走るというのは、予選・準決勝を入れ6本の体力勝負。リレー2種目の重要メンバーでもあるから、ロンドン五輪はどんな選択をしてくるか興味尽きない。

レースごとにファッションを変えて走るビジュアル面でも目の離せない選手だ。この時は、髪をアップにして白いバンダナを付けていた。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリソン・フェリックス in テグ メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる