メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 村上幸史 自己ベストで2連覇 アジア陸上最終日

<<   作成日時 : 2011/07/11 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アジア陸上最終日10日、男子やり投げ決勝は
日本のエース村上幸史選手が4投目に、

自己ベストを更新する83M27を投げて優勝。
世界陸上に向けて進化し続けていることを
力強くアピールをしました。

残りの5・6投をパスしたことについては
解説氏は85Mを目指して挑戦してほしいと言ってましたが、

「今日は自己ベストを目標にしていたので、
大事をとってやめました」と語っていました。

微妙な調整のことがあって、無理をする必要はない。
(故障を避けた)とも受け止められるコメントでした。

<男子やり投げ決勝>

1、村上幸史(日本)         83M27 2連覇 大会新記録 自己ベスト
2、パク・ジェミョン(韓国)      80M19
3、I・ザイチェフ(ウズベキスタン)  79M22







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
村上幸史 自己ベストで2連覇 アジア陸上最終日 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる