メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 福士4位吉本5位 アジア大会・女子1万M インドがワンツー 

<<   作成日時 : 2010/11/21 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

広州アジア大会陸上の女子10000Mは、

日本勢のワンツーが期待されましたが、

インド勢にしてやられました。

9500M付近でトップ集団の5人から吉本ゆかりが遅れ始め、

ラストは満を持していたインドの二人がスパートすると、

福士も付いて行けず、

日本・中国を置き去りにする、まさかのワンツーでした。

スリードハラン選手のラストスパートは目をみはるものがありました。

世界選手権でも活躍しそうな選手です。

この種目で6大会続いた日本のメダルが途切れたレースでした。

な<女子10000M決勝>

1、P・SREEDHARAN(印)       31分50秒47 自己ベスト

2、K・RAUT       (印)       31分51秒44   〃

3、S・HABTEGEBREL(バーレーン) 31分53秒27   〃

4、福士加代子(日 ワコール)      31分55秒54

5、吉本ひかり(日 佛教大)        32分06秒73



(参考 日本記録は 30分48秒89 渋井陽子 2002年)











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福士4位吉本5位 アジア大会・女子1万M インドがワンツー  メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる