メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS シネマノカンソウ 『カティンの森』

<<   作成日時 : 2010/05/29 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

何ということを。人間の悪に愕然とする。

国境を侵しただけでは済まない悪意は、

侵略した国の頭脳を葬ろうと、数万のポーランド人を虐殺した。

ヨーロッパではアウシュビッツで、アフリカではウガンダ。

カンボジアのポルポト。そして南京大虐殺。

近年ではボスニア内戦時の民族浄化、

その他空爆を含めると原爆等、多くの大量虐殺があったが、

ポーランド将校らの悲劇「カティンの森」はつい最近になって知った。

戦後共産化したポーランドで「ドイツがやった」「ソ連がやった」と

なすりつけ合う国のエゴとプロパガンダに国民はどう生きればよかったのか、

体の表面から泡が吹き出し息の詰まる思いだ。

登場人物の頬がひきつり、見ている我々の顔もひきつる。

ラストの重く衝撃的なシーンもさることながら、軍の思いどうりにしないと、

墓石まで破壊する理不尽さには思わず声が出てしまった。

旧日本軍には飛行場を作るにも人海戦術だったと聞く。

カティンのソ連軍にはでっかいブルドーザーがあったんだ。

(2007年 ポーランド)

監督 アンジェイ・ワイダ

マヤ・オスタシェフスカ アルトゥル・ジミイェフスキ アンジェイ・ヒラ











カティンの森 (集英社文庫)
集英社
アンジェイ ムラルチク

ユーザレビュー:
映画と小説 大学で先 ...
「待つ」女性たち独ソ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シネマノカンソウ 『カティンの森』 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる