メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 男の生き方 グラン・トリノ

<<   作成日時 : 2009/05/19 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラストにベトナムの民族衣装で正装したタオとスーの姉弟が、
悲しみをこらえながら、毅然として葬儀に向かう姿が
この映画のすべてを物語っています。
いかに生きるかということは、いかに死んでゆくかということであり、
意味ある死などないかもしれないが、自分が納得した死に方であれば、
意味のある人生を生きたといえるのではないか。

義を見てせざるは勇なきなり。

懺悔することすら馬鹿らしいと思い込んでいる男の背中を
そっと押したのは新任の牧師だった。周りと同調しようとしない、
頑固で不機嫌な朝鮮戦争帰りの年老いた男。
彼の心を開いたのは、隣に越して来たベトナム一家の娘だった。

唯一会話が交わせるようになり、社会とのつながりが出来かけた時
娘は凌辱され無残な姿で帰って来た。、
一家が一生なき者扱いされることを思うと、
座して死を待つことは自分の心が許さない。

一貫して生きることの何たるかを問うてきたクリント・イーストウッド監督の
最新作はストーリー展開が明確な、見ごたえのある作品です。

アーニー・ハーが普通で気さくな娘スーを好演しています。








グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]

ユーザレビュー:
グラン・トリノ観まし ...
現在のイーストウッド ...
これで主演が最後?今 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男の生き方 グラン・トリノ メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる