メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊迫した好試合の高校ラグビー

<<   作成日時 : 2009/01/08 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高校ラグビーならではの30分ハーフ。
短いからこそ、ここでしか味わえない緊迫感いっぱいな球技です。

高校ラグビーの決勝は名門・常翔啓光学園に挑む小柄な御所工・実

24対10とリードされた御所工・実が終盤に、
しつこく、そして激しくアッタックを繰り返し、
トライを決めて追い上げたので緊迫感のある好試合になりました。

常翔啓光、WTB国定の評判どうりの
相手ディフェンスを引きつけて素早いターン、
早いトップスピードでの3トライは見事でした。

将来のジャパンが続々名乗りを上げていますね。

常翔啓光学園 24:15 御所工・実

常翔啓光学園、7度目の優勝おめでとう!
御所工・実の連続攻撃も素晴らしかった。





おおきに ↓





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊迫した好試合の高校ラグビー メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる