メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 『デス・プルーフ』カート・ラッセルが好演

<<   作成日時 : 2007/09/18 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


ギャルというにはいささか智の長けた、
エロい女達がたむろするテキサスの居酒屋。
一人離れ、カウンターで大皿の餌を貪る男。
唇がドレッシングでベットリ。
コイン式ジュークボックスからは耳をつんざくロックンロール。
時代は6・70年代と思いきや、持ってるケータイは21世紀。

男の名は『スタントマン・マイク』
旧ソ連のミグ戦闘機ばりの超重装備車を乗り回し、
巧みに女を引っ掛ける元映画のスタントマン。

車からはみ出した女の足は舐めるが、
はけ口のない倒錯した性の行く先は、
女達を戦慄の恐怖に晒したあげく惨殺する。
その憎っくき男をカート・ラッセルが好演。

やりたい放題の鬼畜に迫る保安官二人。
彼等の仕組んだ女の復讐劇は、
スタントウーマン達のとんでもないストレス発散。
奇声を上げて襲い掛かる女達に鬼畜はますます燃える〜

鬼畜が快楽の頂点に上り詰めるのか。
女達が思いを遂げるのか。

スタントの話だからこそCGのない生々しさ。
田舎の狭い『通路』を疾走する『装甲車』のクラッシュが見もの。

カート・ラッセルだからこそ出来た傑作復讐劇です。

監督・製作・脚本・撮影 : クエンティン・タランティーノ
製作 : ロバート・ロドリゲス
出演 : カート・ラッセル 、 ゾーイ・ベル 、 ロザリオ・ドーソン 、
     ヴァネッサ・フェルリト 、 シドニー・タミーア・ポワチエ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米)
★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quentin Tarantino's Death Proof」。 「デス・プルーフ」というのは、スタントに使う「耐死仕様」の車だ。  「グラインドハウス」は、昔日本にもあったB級映画を 2、3本上映する映画館のことである。 この映画はアメリカなどでは 「プラネット・テラー」(ロバート・ロドリゲス監督)と合わせ... ...続きを見る
富久亭日乗
2007/09/20 07:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『デス・プルーフ』カート・ラッセルが好演 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる