メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 許されざる者

<<   作成日時 : 2007/07/10 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『今度という今度は許せねー』
かっては泣く子も黙る殺し屋だったウイル・マニーは
二人の幼子を養う苦しい生活の中、
レディーを切り刻んだ男を殺る賞金稼ぎに踏み切るが、
不覚にも悪保安官につかまり
再起不能なほどいたぶられる。

1880年。赤々と空を染めるワイオミングの夕焼け。
11年前までは鉄道を爆破し、
女子供を殺すなんて朝飯前のだった悪ガキ・マニーは
クローディア・マニーと知り合って
ウイスキーと悪とは縁を切った田舎暮しをしていた。

3年前に最愛の妻に先立たれ、病気の豚を飼う生活は楽ではない。
銃も使えず馬にも乗れなくなってしまった初老のダメ男が、
子供のために金がほしいと賞金稼ぎに手を出したあげく、
僚友ネッドが悪徳保安官に陰湿なリンチで殺された上
道路にさらし者にされて怒りが爆発する。
絶っていたウイスキーを浴び、スコフィールド握って悪に立ち向った。

三船・用心棒の様に、ぼろぼろになっても不死鳥のように息を吹き返し、
かって知ったる拳銃の腕前が蘇える。さあ、おたちあい。

思いを遂げならず者の街を脱出する時の台詞がいい。

『撃つなら撃ってみろ。お前らの家族や子孫も、皆殺しにしてやるからな』

家で待つ子供のことを心配しながら、
一方で、どうなってもいいと投げやりになった殺し屋の顔が覗いて
悲しくて切ない西部劇だった。

製作監督 クリント・イーストウッド
出演 クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン

BSU






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
許されざる者 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる