メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄色い涙

<<   作成日時 : 2007/05/20 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

嵐のファンでもなければニノのファンでもなかったが、
二宮君が見たく、映画『黄色い涙 』を観に行ったら、
完全に虜になってしまった。

イーストウッドの『硫黄島からの手紙』以来
ずっと気になっていた男、俳優の二宮和也君。

何かが不満そうなとがった唇。
眩しそうにそらす瞳。
大物役者になる予感がする。

噂の犬童一心監督
脚本は市川森一
原作が永島慎二

1960年代の芸術家を目指す若者群像も魅力だったが、
ただ二宮君が見たかった。

なのに軽妙に歌って踊るTVの姿は、
同一人物なのかと違和感があり過ぎる。

レトロは『三丁目の夕日』に及ばなくとも、
未来を夢みて熱に浮かされれたモヤモヤを、
どうしていいか分からない青春が眩しい。

オレにもこんな時代があったような気がする。
パチンコやダンスに興じる金はあっても、
絵具を買う金がないせつなさや、
将来がどうなるのかという不安や、離れて行った親友のことなど。

「人生は人を欺かない。人生は一度も人を欺かなかった」と
『黄色い涙 』はいっていたが、
人は優しくても、やりたいことが必ずやれるとは限らない。


二宮和也は息の永い個性派俳優になるだろう。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
黄色い涙
 現在『眉山』が公開中の犬童一心監督ですが、ほぼ同時期に別作品が公開されました。  出演者が嵐のメンバーということもあり、『メゾン・ド・ヒミコ』の監督がアイドル映画を、それも今流行の昭和ものを撮るとい ...続きを見る
シネクリシェ
2007/05/30 04:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄色い涙  メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる