メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 『バベル』に人の優しさを見た

<<   作成日時 : 2007/05/05 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

人の手から手へ渡り歩いた銃が、モロッコの山道でいたずらをし、
平凡なアメリカ人の妻が瀕死の重傷を負う・・・
国と国、妻と夫、親と子。
言葉の伝わらないもどかしさはあっても、
すべては一つの糸でつながっている不思議と必然。
アコースティックギターをバックに、
ドキュメンタリータッチのカット展開が人の営みを鮮やかに描き出している。
メキシコの結婚式が人間臭くハチャメチャで面白い。

病院も救急車も無い砂漠の中で、オレの家へ来いと言った一介の男。
ボソッとして愛嬌は無いが、
医者を呼び、手術の介助、通訳、救急車の手はずをするその男。
負傷者に向ける老婆の温かい思いやり。
お茶でもてなす娘の自然さ。
やっと来た救急ヘリでの別れに、
とりあえず差し出した札を受け取らないその男。

この男の一家に、人の良心、躾、の美しさを見て、

豊かな時代しか知らない世代が親になり、
もはや日本から優しさが消えようとしている今、
弱者に対する思いやりを当然のこととして行動できる
モロッコの片田舎の貧しい一家に人の優しさを見てホッとする。

そんな気持ちが伏線となり、
少年の良心がほとばしるラストシーンが涙を誘った。

話題のアカデミー助演賞ノミネートの菊地凛子と、
照明点滅による体調不良については
つとめて知らん振りを決め込んだつもりだったが、
あの『目』の菊地凛子は存在感がありすぎた。



監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

出演 ブラッド・ピット  ケイト・ブランシェット  ガエル・ガルシア・ベルナル
    役所広司  菊地凛子







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おもしろそう〜♪
夫が招待券をもらい、行くことになっているのに、
誘ってくれた張本人(夫ね)が忙しくていつになるやら・・・
勝手に行くな、と釘をさされており、友人と行くことも出来ず(>_<)

mokkuさんの感想で興味津々!ぜひ、行かなくては!!
照明点滅では掌をかざして(^_-)-☆
nonnon
2007/05/07 20:22
オモシロ夫のご登場!漫才を見るようでいいな。nonnonさんが先に見てしまうと、我慢出来ずにシャベリそうだからね^^)友人と行くなんてとんでもない事だよ。
mokku
2007/05/08 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
『バベル』に人の優しさを見た メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる