メインスタンドは芝生席

アクセスカウンタ

zoom RSS 血と骨

<<   作成日時 : 2004/11/12 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

田畑智子が雰囲気を出していた。
不幸を一身に引き受けた様な、
過酷な人生におろおろと流される
お姉ちゃんの味が実によかった。

雰囲気といえば終戦前後の長屋のセットにリアリティーがあって、
見た事のある様な風景に、完全に映画の中に取り込まれてしまった。

驚いた事には、俊平や英姫が住んでいる路地建物の位置関係が、
原作でイメージしていた物とぴったりだと言う事、
本がしっかりしていると言う事でしょうか。
いや、セットがしっかりしているからでしょう。

それにしても崔監督、かなり思い切ってストーリーに手を加え、
新しい「血と骨」を創作しているかと思ったらそうじゃなく、
かなり忠実に原作をなぞったものでした。
見る者を引っ張って行く演出力はなかなかのものでしたよ。

印象に残ったシーンは、
俊平が屠殺の残材で仕込んだ得体の知れない食い物に、
蛆を振り払いながら食らいつくシーン、
同じく俊平が、拾った屑野菜で何やらごちゃごちゃ煮込んで旨そうに食うシーン、
そこに「生のエネルギーは食にあり」と妙に納得させられました。

エンディングで梁石日さんがじっとこちらを見ていました。
実父をモデルに書いた本ですから、
そこに何とも言えない強靭な意志を感じ、ぞっとしたのを思い出します。

粗暴で凶悪な俊平役のビートたけしは、
これが地なのかと錯覚するような迫力があったし、
濱田マリが存在感のある役どころで
結構面白い映画でした。



    blogランキング ありがとうございます
血と骨 通常版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
血と骨 メインスタンドは芝生席/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる